活かさないのはもったいない!その動画編集技術を発揮しよう!

>

動画編集技術を活かせる職場

テレビ番組の動画編集

​動画編集技術と聞いて、私が最初に思い浮かんだのはYouTube、次にテレビなどで流れる映像の編集でした。
調べてみると、やはりそういった求人が出ていました。
バラエティなどの映像を制作担当者と、方向性やイメージを相談して、編集や加工をし、テロップを入れたりすることがお仕事内容だそうです。
編集に必要な静止画加工などの技術は、入社後に教えてもらえるそうですので、チャレンジするのも面白そうですね。
それがテレビに流れるのですから、感動してしまいますよね。
入社前に編集技術を磨いておけば、即戦力になれるかもしれません。仕事にも活かせますし、就職活動にも活かせる可能性が出てきます。
テレビ以外では何があるでしょうか。他にも見ていきましょう。

音楽イベントの動画編集

​動画の良いところって、動きと音があるところですよね。
ですから、音楽イベントの記録には最適なんです。
CDのように音だけでもなく、写真のように一場面だけを切り取るのではなく、演奏や歌の様子を動画にすることが思い出として残しておく一番良い方法だと思います。

それに特化した会社があります。
吹奏楽コンクールや音楽イベントを撮影し、編集して作品に仕上げます。
出来上がったDVDは、演奏者たちに大変喜ばれるそうですよ。
音楽経験者で譜面が読めれば、編集の上で見せ場などがわかりやすいそうなので、音楽にも編集にも明るい人にはぴったりのお仕事ですね。
動画編集技術は、いろいろなお仕事にも活かされています。
やはり技術があれば、できるお仕事も幅広くなりますね。


この記事をシェアする

トップへもどる