活かさないのはもったいない!その動画編集技術を発揮しよう!

>

動画編集技術は立派な武器!

会社へアピールする自分の武器

​パーティなどイベントの時にも動画編集技術を活かすことができます。
仕事と関係ないじゃないか、と思われるかもしれませんが、筆者は何度か仕事で自社が主催するパーティに出席し、社員が編集した動画を度々観ていたので、あながち無関係ではないという意識があります。
パーティの度に動画の編集を請け負っていた社員さんは、特にプロというわけではありませんでしたが、パソコン関係全般に明るく、私のような素人目にはプロが作ったものと見紛うほどの動画編集技術を持っていました。
普段は動画とは別の部分でパソコン操作において活躍されていたので、パーティを開催するにあたり、声がかかったのでしょう。
このように、動画編集技術があると、社内での存在感を増すことができるということですね。

ブライダル業界への就職に

​結婚式を挙げた方は利用されたでしょうか。
ブライダル業界でも、サービスの一つとして提供しているのが、ウェディング映像です。
結婚式で流されるオープニングやプロフィールの映像を作成することがメインの仕事内容となりますが、結婚式自体を撮影し、式中に編集して仕上げ、式の最後に上映するといったサービスもあります。
短時間でお客さん、そして新郎新婦に喜んでもらえるようなウェディング映像を編集しなければならないので、編集技術はもちろん、スピーディさが必要となり、さらにサービス精神も大事な要素となりますね。
動画編集が好きで、お客さんを喜ばせたい方でしたら、その技術をお仕事に活かすことができるのではないでしょうか。


この記事をシェアする

トップへもどる