活かさないのはもったいない!その動画編集技術を発揮しよう!

>

動画編集技術の需要

プレゼンテーションに動画を

​お仕事をしていて、プレゼンテーションをする機会はありますでしょうか。
その際資料やパワーポイントを使うと思いますが、それに加えて動画を付け加えると、さらに幅広いプレゼンテーションにすることができます。
仕事の場ではありませんでしたが、筆者も大学でプレゼンをすることがあり、その時のテーマが音楽に関することだったので、動画サイトを活用して映像と音を足すことで、高評価を得ることができました。
視覚だけでなく、聴覚にも訴えたことで説得力が増したようです。
もし、動画編集技術があれば、映像や音を組み合わせて、より効果的にオーディエンスに伝えることができるでしょう。
自分の技術が仕事での表現力アップに繋がりますね。

企業の宣伝にプロモーションビデオ

​最近では、YouTubeなどの動画投稿サイトを利用する企業が増えています。
プロモーションビデオを作成して自社のアピールに使い、テレビで流すCMにプラスアルファで宣伝をしています。
CMよりもオリジナリティを多彩にできるので、編集技術やアイディア次第で視聴回数を多く獲得できますね。
動画編集技術が活きるのは、宣伝に対してだけではありません。
例えば自社に訪れる人のために、最寄り駅からの道順の動画を作成したり、店の内覧を紹介したりと、訪問客へのよりわかりやすい案内にも活かすことができます。
これは必ずしも顧客だけを対象にするのではなく、自社の入社試験を受ける人にも役立つので、面接などの円滑な対応ができて、結局は自分たちの負担軽減になり良いことだらけです。


この記事をシェアする

トップへもどる